「イニエスタの連れてきた客」を排除 これが浦和レッズ ゴール裏の常識!?

Jリーグ
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズがイニエスタファンを排除する

【ご観戦のご留意事項】
浦和レッズのホームゲーム(埼玉スタジアム)での観戦については、ホーム自由席、SS指定席、後援会プレミアムシート、レッズシート、SA指定席、SB指定席、バックアッパー指定席は、浦和レッズの応援席のため、ヴィッセル神戸(チーム・選手を含む)の「応援」および「応援グッズの着用、使用」また、「それに類するものの着用、使用」はできませんので、予めご了承のうえ、ご観戦ください。
ヴィッセル神戸(チーム・選手を含む)を応援される方は、ビジター指定席もしくは、ビジター自由席でご観戦ください。

今シーズン初めて浦和レッズのホームゲームでチケットが完売となった。

J1リーグも終盤戦に差し掛かってきたこの時期に、ともに中位を彷徨う浦和と神戸の対戦でありながら、これほど多くの人の足を埼玉スタジアムへと向かわせた要因がイニエスタにあることに異論を唱える方はいないだろう。

ヴィッセル神戸へ加入して以来、行く先々のスタジアムに多くの観衆を集めてきたイニエスタの存在は、Jリーグの各クラブが観客増に頭を悩ましている中で、ある種劇薬にも近いインパクトを与えていると言ってもいい。

そんなイニエスタが満員にした埼玉スタジアムにおいて、浦和レッズがクラブ公式サイト上で案内していたのが、冒頭に掲載した【ご観戦のご留意事項】である。

ここには明記されていないものの、この「ご留意事項」が「イニエスタ対策」であることは明らかで(「ポドルスキ対策」も多少含まれるか)イニエスタのアイデンテティ、世界で最も知名度があり人気のあるサッカーチーム、FCバルセロナのユニフォームを身につけた観客を神戸サポーターエリアに閉じ込めることを目的としていたのだろう。

ともすると排他的になりがちなサポーター心理

私はこの情報を知った時、この「ご留意事項」を発表した浦和レッズ側の姿勢に残念な思いを抱くのとともに、それに対して「当然の対処」とする意見がJリーグファン・サポーターの間で多く見られたことに、何とも世知辛いJリーグの光景を見てしまったような気がしていた。

実際、Jクラブのゴール裏に対戦相手のユニフォームや、それに関係する応援グッズを身につけた観客が「混入」することで、それがトラブル発生の火種になるであろうことくらいは私も分かっている。

と言うのも、私自身が柏レイソルの応援をしに日立台のゴール裏へ通い始めた頃は、あの黄色い群衆の中に少しでも違う色のシャツを着た観客が入ってくることに対して、不快感を抱いていたからだ。

あれは確か浦和レッズ戦だったと記憶しているが、満員のゴール裏の中に蛍光イエローのシャツを着た高校生がいて、彼はコールリーダーから「その色はどうしてもレッズのアウェイユニの色に見えちゃう」という指摘を受け、仕方なしに配布されているビニールの黄色いビブスをその上から着用することになった。

今にして思えば、彼は彼なりに自分の持っている服の中から黄色いものを選んで日立台に来ていたはずだし、そうしたのはひとえに「レイソルを応援する為」であったわけで、それを沢山のサポーターが見ている中で一刀両断にあげつらってしまうのは、やや傲慢であろうと感じることも出来る。ただ当時の私は件のコールリーダーの言い分を全面的に肯定していたし、さらに言えばそれ以降、あの高校生と同じように蛍光イエローのシャツやジャケットを身につけて日立台のサポーターエリアにいる観客のことが非常に気になる(気に障る)ようになっていった。

しかしその後、日立台だけではなく、あらゆるチーム、あらゆるカテゴリーのサッカー現場を見るようになり、日立台も含め、主にJ1のスタジアムでは常識となってしまっている、こうした排他的なモノの考え方に私は違和感を覚えるようになり、過去のJリーグの歴史を見ても、そうしたサポーターの姿勢が行きつく先には互いが傷つけあう結末しか待っていないことを実例として確認出来たことで、ともすると排他的になってしまいがちな自分自身を意識的にセーブしていかなくては、永く日本サッカーを楽しむことは出来ないと思うに至っていった。

チームへの愛がライバルへの敵意を生み…

ヨーロッパではサッカースタジアムが民族対立や宗教対立を扇情する場として悪用されてきた歴史を現在にあっても刻み続けていると言ってもいいだろう。

興奮したサポーターが暴徒となってスタジアムの内外で殺し合いをする事件は後を絶たないし、組織化されているサポーターグループがそのまま民兵となり戦場で暴虐と殺戮を繰り返したケースもある。(アルカン・タイガーという有名なセルビア民族主義者をご存知だろうか)

しかし、こうした血なまぐさいサポーター達も、そのほとんどは純粋に好きなチームを応援するところからスタジアムでの生活が始まっていたはず。

好きな色が愛するチームのカラーとなり、ライバルのチームカラーが使われた服を身につけるのに抵抗を持つようになっていく。

そしていつしか対戦相手への敵意が生まれ、その敵意が次第に憎悪へと変質し、ついには殺すべき相手としての認識を持つようになってしまう。

もちろんこうした展開が極端な例であるのも間違いのないことだが、それでも人が人を傷つけようとする時の思考回路が、案外こうした小さなキッカケの積み重ねによって生まれてくることを理解してくださる方も少なくないのではないだろうか。

小さなムラの掟

天下の浦和レッズゴール裏に、事情が分からず迷い込んだイニエスタファンがいた所で、それがどうしたと言うのか。

同じ試合を応援するために同じ空間に現れた彼が、バルセロナやスペイン代表のユニフォームを着ていたくらいで、そこから排除すべきといった価値観が肯定されるのであれば、将来そこで深刻な事件が起るとまでは言わないが、そんな排他的空間が現在よりも幅広い観客たちを集める空間になっていくイメージを持てる人はいるのだろうか。

Jリーグの歴史などたかだか25年。

Jリーグのコアなファン・サポーターの数も多く見積もって100万人がいいところだ。

そんな新しく小さなムラの掟が、新たなムラ人を迎え入れる時の障壁になっていて良いわけがない。

 

「スタジアムは戦場」浦和のゴール裏は意図的に中学生の演奏を妨害したのか?

「Jリーグのゴール裏を包むマチズモ」その魅力には危険が潜み万能でもない

 

よろしければこちらも!

日頃あまり人の目に触れることの多くない下位カテゴリーの試合画像を中心に、私が試合会場などで撮影した画像をまとめたPHOTO GALLERYです。

 

私が撮影したJ.LEAGUEのフォトギャラリーです。基本的にJ2リーグ、J3リーグのみをまとめてあります。

 

首都圏、関東圏を中心にJリーグから都県リーグまでの試合日程を記したカレンダーを作成しました。是非とも現地観戦のご参考に!

2017年9月から、私が開設しているブログがあります。

ブログタイトルは「ラーテル46.net」

こちらのブログでは主に、私が最近妙に熱心に応援し始めた「柏レイソル」についての内容を多く記事にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

25 件のコメント

  • 疑問しかありません。

    ブラジルではユニどころか相手のゴールに反応する事自体危険だとコーディネーターから言われたこともありました
    イングランドスペインイタリアなど主要欧米スタジアムでも同様で相手チームのタオルマフラーですら怒られますよ
    元々あるマナーやルールは守るべきです。
    無法地帯になりたいんでしょうか?
    他人があなたの家に土足で入りたいからと土足で入られても許せますか?
    僕はバルサのサポーターですがそんなぬるいリーグは見る気にならないかな…
    それこそ埼スタ行きましたが、バルサユニで行こうなんて微塵も思わなかったですけど。

    それを覆そうなんてレイソルはすごいです、バルサユニでゴール裏のど真ん中に行ってもいいですか?というかレイソルサポーターでこれは共通で認識していることですか?
    これで既存のレイソル村のサポーターに迷惑がかかったらあなたどうしますか?
    今の村人がいなくなり、別の色の声も出さない応援も歌えない村人だらけのゴール裏なんて誰が美しいと感じますか?

    • まず、私はブラジルやスペイン、イングランド、イタリアなどのリーグが全て素晴らしいなどとは思っていません。
      特に、そのサポーター文化については、絶対にこうはなって欲しくないという事例も沢山あります。

      バルセロナにしてもそう。あのクラブのサポーターグループの中には少なからずカタルーニャの右翼が入り込んでいます。
      それを以て「ぬるくない」とするのであれば、Jリーグはぬるくて結構。

      また、私が柏サポであることで日立台のサポーターに迷惑がかかるというのも、どうしてそういう風に思われるのか私には分からない。
      第一、私自身、そんな影響力を日立台で持っていません。
      毎試合、黄色いユニフォームを着て、スタグルを食べて、チャントを歌って、そういうごく普通のサポーターだから。
      でも、日立台がいつも満員になるようにするには、コアなファン・サポだけでは絶対に無理です。
      レイソルの場合は、日立製作所のお陰で経営的にひっ迫するようなことはないので、潰れる心配はありませんが、それでも「常に日立台を満員にしたい」と思っているファン・サポは大勢います。
      そして、レイソルが無くならない為には、他のJクラブにも潰れてもらっちゃ困る。
      だから、今回は浦和の事例を使って私の考えを書いてみたのです。

  • みんながなんとなく足並み揃えようとしているところに、いきなり来てぐちゃぐちゃにしていく感じ。

  • 浦和に限らず、観戦にはマナーがあります。
    自由席がホームチーム用とアウェイチーム用とに分かれているので、イニエスタを応援したい人ならばアウェイチーム用の自由席、または、指定席を買うべきです。
    バルセロナのユニフォームを着てくるということは、少なからずヴィッセル神戸を応援しに来ているのと同義ですので、なぜホーム自由席に来ることを是とするのでしょう?
    そもそも天下の浦和ゴール裏にユニフォームを買うほどサッカー、もしくはイニエスタが好きな人が、迷い込むものでしょうか?
    マナー違反推奨とわざわざ浦和レッズに非があるような書き方には悪意があるように感じます。
    トラブルを未然に防ぐのも運営には大事なことと思います。

    • 私が言いたいのは「サッカー場のゴール裏にいると気づかないうちに排他的な発想をもってしまいがち」であるということ。
      これは自分自身もそうであるので、身に染みて分かっている事でもあるのです。

      でも、それが行きつく先、追求していった先には、間違いなく悲しい結果が待っている。
      Jリーグのスタジアムがそんな世界であって欲しくない。そう思っています。

      イニエスタのケースはまさにそれが如実に現れていたので取り上げましたが、記事を読んで下されば浦和レッズやそのサポーターを悪者にしようなどという意図がないことは理解していただけると思うのですが。

      「トラブル防止」の為に必要な措置
      皆さん、こう言われます。
      トラブルを起こす可能性のある人はゴール裏の人であるという認識は持っておられる。
      あるいは、自分がそれに加担する可能性があるとも。
      そして、そういうトラブルが起きるのは必然であるとも信じていらっしゃる。
      きっかけは対戦相手チームのユニフォームの存在。

      こんな常識は世間一般からしたら到底理解出来ないことだろうし、そのような危険な空間なら行くのは止めておこうと思う人が出て来たっておかしくない。

      排他的になりがちな空間で、それを認めるようなルールを作って温存することが、新たなファン層をスタジアムから遠ざける結果を生み出しているのでは。

      私はマナー違反を推奨なんてするつもりも、レッズに悪意もない。
      それは分かって欲しいですね。

      • どのスタジアムに行っても、ゴール裏エリアに対戦相手チームのユニフォーム、グッズをつけて入ることは制限されます。ホーム自由席のエリアでアウェイチームを応援する方がホームチームの悪口なり試合中の文句を言わないとも限りません。その可能性がないとは限りません。だから、席種や住み分けがあると思います。
        クラブ運営など興行の中のルールなので、一般人(もしくは興味がない人)には分からないと思います。
        代表の試合で相手チームのユニフォームきて、仲良く応援しようよ!という風には、ならないと思いますが、仰ってるのはそういうことですよね。
        ですので、マナー違反を起こしてまで、来る場所ではないでしょう。

        浦和サポは、トラブルが多かったことは確かです。チームは問題を起こす度に制裁を受けていきました。私はどのチームも過激派がいるイメージですが、ニュースになるのは浦和が多かったと思います。そのイメージだけを持って、浦和戦だけをフォーカスするのは悪意があるとお伝えしたまでです。
        また、浦和レッズはヴィッセル神戸戦に限らず、アウェイサポーターに対して、同じ文言ではないにしても、案内を出しています。特にイニエスタ対策とは思いません。

        • 浦和レッズはサポーターも多いですし、その分私が書いたことに対する批判も多くなっているのだと思っています。
          ただ、今回のイニエスタの件は、クラブが取った措置も含めて賛否があるのは確認していますし、トピックスとして取り上げたまでで、浦和がまた何かやったな!なんて気は私は全く持っていない。
          実際、これまでに日立台についての苦言もこのブログで記事を書いてきていますから。

  • 映画館でバリバリと音を立てて煎餅食べ続けたとか、そういうのと同じようなもんではないでしょうか。

    もちろん、映画鑑賞に来た1人の人間から好きな物を食べる権利を奪う事は誰もできないけれど、大多数が「心行くまで好きな映画に没頭したい」という目的を持って来ている場で、その目的を気分良く享受できる権利を奪う事もありません。
    そのための配慮であり、マナーであり、興行主側の設定するルールがあるわけで、第三者が「客を増やしたいなら好きな者を食べさせろ!今の映画館には未来が無い!」と言ったところで、お得意様やヘビーユーザーは鼻白むだけです。そういった少数の権利を認め、お得意様の減少と引き換えにライトな層が多少増えたところで、映画館や映画業界にメリットは無いと思います。

    • 私は「シーズン中ホームゲーム全試合観戦するファン」と同じかそれ以上に「シーズン中3回ホームゲームを観戦するファン」を10人作り出すことがとても大切だと思っています。
      だから、コアファン・コアサポの常識を常識として認識できないファン層のことも考えなくちゃいけないし、そうでない限り、Jリーグはこの先もずっと限られたマニアだけの世界として存在することになり、そういう世界は必ず廃れると思ってます。

      • スポーツクラブの運営と全くイコールになるかどうかは分かりませんが、一般的な商売の話で言えば、お得意様を大事にせず、新規客ばかり追うお店や会社の方が早く潰れます。新規客を集めるにはお金もかかりますし、手間ひまもかかりますが、そうやって集めたロイヤリティの低い新規客は落とすお金も少なく、商売として長期的にアテにできる客層ではありません。
        とはいえ、固定された客だけでは商売も衰退しますので、新規客は少しずつ増やす必要があります。その時に一番大事になってくるのが、お得意様の紹介や良い口コミで集まる新規客です。お得意様に対してしっかりフォローする事で、そのお得意様がどんどんと周りを巻き込んでくれます。そうやって集まった新規客は最初からそこがどういう場か理解していることも多く、ロイヤリティも高く、固定客になる可能性も高いです。
        そういう意味でも、今現在の現場での共通認識を理解できず、雰囲気をブチ壊してしまう層をどんどんと招き入れては、今現在の最重要顧客であるお得意様の離反を招きかねない可能性も秘めていると思います。
        来るかどうかも分からず、来たとしても継続してきてくれる可能性も低い100人にアプローチかけてスタジアムに来てもらうより、今現在スタジアムに来てくれている10人を大切にし、そこを11人、12人とコツコツ増やす方が、客単価の高いこの手のビジネスの手法としては理にかなっています。

        • そのスピード感も大切でしょうね。(単純に速さという意味ではなく)
          ただ、Jリーグのマーケティングは「コア層」以外に向けた施策がかなり脆弱な気もします。

  • これは浦和レッズだけの話ではなく、Jリーグの応援スタイルそのものを問題視している記事ですよね?
    であれば、Jリーグ全体の問題提起としたタイトルにすべきです。このタイトルだけ見ると、まるで浦和レッズが問題を起こしたかのように捉えられてしまいます。(実際私は本文を読むまでそう捉えてました)
    そのような誤読が本意ではないのなら、誤解を招くようなタイトルは変更して下さい。

    • 誤読される方もいるかも知れませんが、それでも全く読んでもらえないのに比べれば全然いいですし、こうしてコメントをつけて下さる方も出てきてとてもありがたく思ってます。
      そして、そもそもタイトルについては確信犯でもあるので、申し訳ありませんが変更するつもりはございません。

  • 例えば選挙運動中に選挙事務所で決起集会を行っているときに対立候補のタスキを掛けた対立候補を応援している人が決起集会の真ん中に入って行ったらどうなるのか?

    • 政治を例に出すのはあまり適切じゃないと思いますし、私が言いたいのはそういう事じゃないです。なかなか理解してもらえてないけど。

  • 考え方は人それぞれ。中々興味深いお話ではありますが、この記事に共感する方はきっと少ないでしょうね。
    Jリーグが好きなサポさんだけでなく、NPB、Bリーグ、Vリーグ、Fリーグ他、様々なスポーツ観戦をする方々もそうだと思いますよ。

    ゴール裏に限らず、ホーム側応援席と設定されている席に相手チームのグッズを身に付けて入場する人、または相手チームの選手を連想させるグッズ身に付けて来る人を断るのは本当に排他的な思想ですかね?
    ここは浦和レッズを応援する人の席です。ヴィッセル神戸(の選手)を応援する人は別の席を用意してるのでそちらをご利用くださいって言ってるのは排除ですか?
    ゴール裏という席はそのチームを特に熱く応援するために設けられた席ですよね。イニエスタ選手のグッズを身に付けて来て、浦和レッズを応援しに来てますって言えますかね。
    メイン指定席のように両チームのサポさんが一緒に観れる席もありますよね。
    それでも特定の席で身に付けるグッズを制限するのは排他的とお考えですか?
    主さんの体験した柏レイソルでの蛍光ユニ似の出来事とは全く別物だと思います。

    話は少しそれますが、スタジアムの外ではヴィッセル神戸のサポさんと浦和レッズのサポさんが一緒に歩いてたり、ご飯食べてたりしますよね。他の国ではとても考えられない事だと聞きます。それだけでもJリーグは素晴らしく誇らしいものだと思えますよね。

    小さな村の掟ではありますが、郷に入っては郷に従えと言う言葉もあります。
    ゴール裏という席を25年もの間、大切にしてきた沢山のサポーターさんがいます。欧州など歴史の長いリーグに比べればたった25年ではありますが、応援してきたサポーターさんたちにはかけがえのない25年です。
    この記事のタイトルも悪意はないと言ってますが、受け取り手(浦和レッズサポさん)から見たら悪意しかないと感じます。
    悪意がないから勘違いされるようなタイトルを付けても問題ないとお考えであれば、それはとても自己中心的な考えで、とても失礼だと思います。

    大変な長文で失礼いたしました。

    • 相手チームのグッズを身につけた観客を積極的に取り除こうとする姿勢が、排他的な空間を生み出しやすいのではないかと私は思っております。
      そしてそれがこの25年間のサポーター文化の蓄積の結果として現れている現象なのだとしたら、それを顧みることをしてもいいのじゃないかと。

      歴史というものは、それ自体に価値があるわけではなく、それを今にどう活かしていくか。それこそが重要なのではないでしょうか。
      今、そして未来を考えた時に、どういうゴール裏を作っていきたいのか。
      それについては、Jクラブのサポーターリーダーたちがどう考えているのか、とても興味がありますし、どんな風にサポーター文化が深化していくのかについては、非常に興味のあるところです。

      ブログお読みいただき、ありがとうございました。

      • おっしゃる通り、過去を糧に、今と未来にどう繋げるか、広げていくかはとても大事だと思います。
        それをなくして、Jリーグがもっと良いリーグになることはないでしょうね。

        そもそも、サポーターの役割とは何でしょう。試合を観る人を増やし、敵味方関係なく皆で仲良くできるスタジアム環境を作ることでしょうか。
        私は「チーム(選手)を心から応援し、支えていくこと」だと思います。
        応援するチームが異なる人が入り交じった環境より、同じ意識を持った人達を集め、ひとつにして応援する方が遥かに良い応援が出来ていると思います。
        昨年のACL決勝、アルヒラルも浦和レッズも、どちらもホームでとても素晴らしいコレオを描きました。浦和レッズの優勝は、あのコレオを見た選手の「絶対に勝つ!」という気持ちを高ぶらせ、パフォーマンスを更に向上させたことが要因のひとつでもあると考えます。実際に選手もそのようにコメントしています。
        クラブ運営側はそれが出来る環境を整える、相手チームの応援者には別の席を用意して、そちらで応援してもらう。応援席を分けることで排他的な環境を作っていることは間違いないでしょう。ですが、チームを心から応援するというサポーターの役割からすれば、その環境は少なからず必要なことではないでしょうか。
        両チームのサポーターが一緒に観れる席があり、スタジアムの外に出れば排他的な環境はない、ゴール裏では制限がある、それはそれで良いと思います。
        今回の浦和レッズを例えにした、「浦和レッズはゴール裏に排他的な環境を作っている!!」みたいな見出しは、やはり浦和レッズにとても失礼ですよ。

        お返事いただき、ありがとうございました。

  • 初めてスタジアムでサッカーを観戦されたのでしょうか•••?

    「アウェイチームのものを身に付けないように」というのはイニエスタとは関係なく以前から喚起されていたものですし、埼玉スタジアムに限った話でもありません。
    サポーター同士のトラブルを避けるためには当然の策であると思います。
    (ホームゴール裏さえも集客できていないクラブのスタジアムがどうなっているかは分かりませんが•••

    「取り除く」のではなく、「場所を分ける」だけなのですが•••
    あまりスタジアム観戦をされない方には理解しにくいかもしれませんが、サッカーの試合を応援するというイベントは、そういう「ムラ」で行われています。
    新たにその村に入る人はそのルールに従って当然なのではと思いますが

    • 米・MLSのゴール裏にこんな横断幕が張られていることを最近知りました。
      All Fans Welcome

      MLSが現在、クラブ数を増やしリーグ自体の規模が拡大していくのと同時に、平均観客動員数も右肩上がりで、投資先としての価値もどんどん高めているのは、ゴール裏にこうした光景があることも多分に影響しているように私は思います。

      • MLSはMLSの考え方があるとは思いますが、そもそも散々書かれている通りJリーグではトラブルを避けるためにこういうルールが設けられているのです。
        あなたの言うことは、外国人が日本にやってきて、畳の部屋に靴のまま上がることと何ら変わりないですよ。

  • この記事を否定する気はありませんが、筆者が言っている100万人。されど100万人だと私は思います。
    これは代表戦でもなく1/34の終盤戦、レッズにとっても重要な試合。しかも浦和の場合はもう問題は起こさないので、苦渋ではありますが問題が起きる前に取れる最善の対策だったのではないでしょうか。(実際大事に至る問題は起こらなかったので)
    前の方も書かれていますが、ホーム側でアウェイの応援グッズを着用しないというルールの注意書きはチケット購入時やオフィシャルサイトでも記載されています。
    逆に初めて来る人がそのような記載があるのにも関わらずアウェイ側の応援グッズを着用していたならば、ルールを守らないのと同じような事ではないのかなと思いました。ましてやしっかりとアウェイ側の席が確保されているのにも関わらずです。
    私は野球の試合でホームの外野席でビジターチームの応援グッズを着用するなんて話は聞いたことありませんし、サッカーも同じでホームチームとアウェイチームの区別は常識だと思いました。

    • 100万人の常識に捉われすぎて常にトラブル発生の危機と隣り合わせの運営をしていくよりも、1000万人が創り出す新たな世界観でトラブルと無縁のJリーグを作って行ってみてもいいのでは?
      私が言いたいのはそういう事です。
      その為のスローガンとしてMLSの「All Fans Welcome」はイメージに凄く近い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    フットボールライター
    『フットボールでより多くの人々の生活に彩りを生み出せたら』 と考える、フットボールライター(仮) 2017年、25年続けたフラワーデザイナーの仕事に別れを告げ、日本サッカーの為に生きることを決めてしまったが、果たしてその行く末は!?